テレビを壁掛けにするメリットを紹介

情報収集としても娯楽としても欠かすことのできないテレビは、各家庭に1台はあることがほとんどです。テレビを置くとなると当然のようにテレビ台を設置し、その上にテレビを置いているという人が多いでしょう。しかし近年のテレビは薄型になっているためテレビを壁掛けにする人が少しずつ増えています。テレビを壁掛けにしている人はこれまでだと芸能人のようなお金持ちの家庭がやっているというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし実はほとんどのテレビにねじ穴があり、金具を付けることで壁掛けにできるようになっているのです。こうした金具を取り付けるだけで壁掛けにしても強度は心配ありません。テレビを壁掛けにすることにはさまざまなメリットがあるため、どんなメリットがあるのかみていきましょう。

テレビを壁掛けにするメリットとは

近年は薄型になっていることで壁掛けにする人も増加しています。テレビを壁掛けにすることのメリットは、まず部屋を広く使うことができます。テレビ台があるとどうしても部屋が狭くなってしまうと場合があります。またテレビ台にテレビを置くと当然ながらその上のスペースなどはデットスペースになってしまいますが、壁掛けにすることでこうした家具が部屋を占領することも、家具によってデットスペースがうまれることもありません。また壁掛けにすることでごちゃごちゃしがちな配線からも逃れることができます。テレビはどうしても配線が必要となり、テレビの裏側は配線でごちゃごちゃしてしまったり、ほこりがたまってしまったりという場合が多いですが、壁掛けにすることで配線を壁の中に隠すことができ、すっきり見せることができるうえ、掃除も非常に楽にすることができるのです。

テレビを壁掛けにする際の注意点とは

テレビを壁掛けにすることで部屋が広がり、さらに部屋をおしゃれに見せることもできるなどさまざまなメリットがありますが、テレビを壁掛けにする場合注意することもあります。まずテレビを壁掛けにするとテレビを簡単に移動することができません。壁掛けにする際は壁に専用の金具を取り付けるため、テレビ自体を外すことは可能ですが、金具は簡単に外したり、取り付けたりすることが出来ない為取り付ける際は場所を決める慎重に行わなければならないのです。また壁の強度がしっかりしたところでないと取り付けができない場合もあるため、好きなレイアウトで設置ができるとは限らないため注意が必要です。他にも設置には落下の危険性を防ぐために専門の業者に依頼しなければならず、多少コストがかかるため覚えておくとよいでしょう。