経費精算ツール導入支援サイトの「サポートExpenses」

経費精算とは

経費精算とは会社で必要とした経費の精算

  • 効率の悪い経費精算で無駄な人件費がかかってしまう!
  • 経費精算を楽にしてくれる経費精算に特化したシステムもある!
  • 経費精算システムの導入の際は自分の会社に合ったものを選ばないと逆効果に!

会社経営に置いて、売り上げを上げる為にかかるコストを経費と呼んで、経費精算とは、一旦営業マンが立て替えた経費を会社の金庫で精算する事となります。立て替えた部分を溜めこまずに毎日清算する事が基本となっている様です。

会計などにも連動する経費精算とは、会社経営によって売り上げを計上する為の準備としても、必要経費でそれが売上げにつながっていれば、かなり効果的な状況で経営を行う事として、考えて行く事となり精算を行う事で経費の計上となります。

経費精算とは、色々と会社の経営でかかったコストをしっかりと把握する事となり、まずは経費精算を行う事で売上げの利益を求めてく状況からも、しっかりとその辺りの対応を取るなど、経費精算とは利益を求める意味でも重要となります。

ネクストICカード

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★

企業の業務の中でも手間のかかるものに勤怠管理業務があります。タイムカードに押された出勤時間や退勤時間から1日ずつ電卓などで計算して、勤務時間を計算している企業もあるかもしれません。これでは計算に時間がかかるだけでなく、計算ミスも起こる可能性があります。

ネクストICカードでは高機能の勤怠管理機能と経費精算機能がついたシステムを提供しています。ネクストICカードの勤怠管理システムを使用すれば、出退勤時に自動で交通費情報を読み込んでくれます。そのため勤怠管理から交通費精算まで一つの画面で処理を行うことが出来ます。

ネクストICカードを使って、勤怠管理と交通費精算の業務を自動化すれば膨大な業務の削減につながります。ひいては人件費削減など企業のコストカットにもつながるでしょう。またネクストICカードを導入した企業では、継続してこのシステムを利用しています。

続きを読む


楽楽精算

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★

企業にとって勤怠管理をスムーズにしょうとするのは大変な作業です。担当の職員を何人もつけても、清算が大変な作業でした。その煩雑さに辞めていく社員も出るほどです。その点、経費精算システムの比較サイトなどにある楽々精算をつければ作業が格段に簡単になります。タイムカードやタイムレコーダーの時代はもう終わりました。

勤怠管理システムの楽楽精算を使えば、労務管理にかかる時間や人件費を大幅に節約できます。最新の勤怠状況も即座に確認ができますので、経営者側からも便利ですし、社員側からも営業先からスマホやタブレットで交通費の申請などが簡単にできるようになる利点があります。

楽楽精算は、経営者にとっては経費のデータを正確に把握でき迅速に応用することができます。事務員にとっても業務の効率化が図れるために、仕事が楽になります。出張費用などにも対応していますので、出張後の生産作業が大幅に省力化することができます。

続きを読む


Staple

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★

株式会社スタップルが製作をしているこの「Staple」は、クラウドベースで同社が扱う大変便利な勤怠管理を主目的とした専用ソフトウェアであるといえます。月々の利用料金なども1ユーザーあたり600円といった一定相場となっており、しかもこれで同社によるサポート体制がしっかりとしていますので、零細企業などの方でもとても安心です。

また、同専用ソフトはIT業界やソフトウェア開発業界などにおいてもかなりな高評価があり、勤怠管理と同時に事業範囲の設定や資金管理、人員配置などの面においての各種管理行為がモバイルからリアルタイムで簡単に可能となっていますので、実用性の面において5本の指に入る優秀さがあります。

Android、ios問わず、とくにモバイル機器全般においての利便性において本当に優れた専用ソフトであるといえますので、これからも新バージョンの製作による登場などが大変期待できるものと考えられます。また、同ソフトは他社の各ソフト類との連携対応なども可能ですので、とてもありがたい仕様になっています。

続きを読む


経費Bank

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★

経費Bankを導入する事により、社員の勤怠管理や経費などは安全なシステムや解りやすいシステムを導入する事が出来ます。企業では経費に付いて安全性を持った運営をして行かなくてはなりません。また、誰が見ても解りやすい状態でなければなりません。

経費Bankを導入する事により、経理担当者の退職や移動などで変わった場合でも、解りやすい体制を取る事が出来ます。スマートフォンやICカードなど利用して、交通費などの申請や、出張先で建て替えた金額などすぐに申請する事が出来ます。また、残業などに付きましての時間の管理なども行う事が出来ます。

また、何かあった場合のフォロー体制も出来ています。経費Bankの導入には、初期費用と使用する契約人数に寄っての月額料金が掛かりますが、社員の勤怠管理や経理の仕事の内容などの動力を考えると、導入する事によって経費削減は出来ます。

続きを読む


チームスピリット

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★

勤怠管理をもっと簡素化したいという企業が今次々と取り入れているのが、チームスピリットの勤怠管理システムです。では、具体的にこのシステムを取り入れることでどのようなことが便利になるのか、簡単にみていきましょう。

まず、労働時間を管理することはもちろん、SNSで活動記録や情報を共有することが可能になります。また、勤務表を見ながら休暇や残業を申請することができたり、リアルタイムで残業グラフを表示することも可能です。

もちろん、同時に複数の労働時間制に対応できますので、複雑な勤務体系を採用している企業であっても、設定だけでリアルタイムに残業時間を計算することができます。設定自体もさほど難しいものではありません。是非この機会に、このシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む


freee

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★

freeeの勤怠管理システムというのは、便利なものではないかと考えられます。それは、勤怠管理というのは面倒なものですが、このシステムを導入することによってその面倒を省くことができると考えられるからです。

従業員ごとの勤務状況をしっかりと確認することができますし、残業時間の把握なども簡単に行うことができます。他にも給与計算のデータとして反映させることができたりと、様々な便利な機能があって使いやすいのではないでしょうか。

ですので、勤怠管理に苦労している人は、導入を検討してみても良いのではないでしょうか。freeeには他にも様々な勤怠管理方法があります。freeeの勤怠管理システムを使い、管理形態を見直せば、業績アップ等にも繋がる部分が出てくるでしょう。

続きを読む


カテゴリー