経費精算ツール導入支援サイトの「サポートExpenses」

Staple

勤怠管理専用ソフト「Staple」の概要

株式会社スタップルが製作をしているこの「Staple」は、クラウドベースで同社が扱う大変便利な勤怠管理を主目的とした専用ソフトウェアであるといえます。月々の利用料金なども1ユーザーあたり600円といった一定相場となっており、しかもこれで同社によるサポート体制がしっかりとしていますので、零細企業などの方でもとても安心です。

また、同専用ソフトはIT業界やソフトウェア開発業界などにおいてもかなりな高評価があり、勤怠管理と同時に事業範囲の設定や資金管理、人員配置などの面においての各種管理行為がモバイルからリアルタイムで簡単に可能となっていますので、実用性の面において5本の指に入る優秀さがあります。

Android、ios問わず、とくにモバイル機器全般においての利便性において本当に優れた専用ソフトであるといえますので、これからも新バージョンの製作による登場などが大変期待できるものと考えられます。また、同ソフトは他社の各ソフト類との連携対応なども可能ですので、とてもありがたい仕様になっています。

口コミ情報

女性 ⁄ 38歳

Stapleはクラウドを用いた経費清算サービスです。経費業務の効率化を図っています。経費を申請する側からみたこのサービスの利点は、経費申請を簡単に行えるようになることです。スマートフォンを使って経費を入力し、画像撮影した領収証をデータとして添付するだけで、経費申請が完了します。どこでも手軽に申請を完了できるので、レシートを溜め込むことを防止できます。申請のためのまとまった時間を作らずにすみます。

経費を管理する側からみたこのサービスの利点は、経費の管理を一括して機能的に行えることです。経費の申請はクラウド上の画面に一括して受信されるので、個別にメールで経費申請される場合などにある、見落としなどのミスをなくすことができます。領収証は電子データ化されたものを画面確認するだけなので、管理や確認が簡単にできて、領収証の紛失もありません。

また、申請の修正や差し戻しはコメントやデータのやりとりで行うことが出来るので、修正作業にかかる手間やコストを省くことができます。このように、Stapleは経費の申請行為と管理行為の両方において、作業の効率化を図ることが出来ます。無料トライアル期間も用意されており、気軽にサービスを試してみることができます。


男性 ⁄ 48歳

Stapleというのは経費管理システムの1つです。経費管理では社員が社外に出て行動すると交通費や宿泊費など様々な経費が発生します。このような経費は従来は全て紙の領収書などにしてもらい、それを持ち帰って上司や経理課に提出していました。そして経理課では経理管理ソフトに手作業で紙のデータにある数字などを入力していました。

しかしこのStapleではいちいち上司や経理課までその紙の領収書を提出する必要などはほとんどなくなりました。このStapleを使う場合、社外に出て行動する社員にはスマホなど連携端末を使用してもらうことになります。その連携端末を使い、紙の領収書などはスマホのカメラ機能を使って撮影してデジタルデータ化してしまいます。後はその場で送信するか、会社に帰還してデータをやり取りするかとなります。

鉄道利用で自動改札がある近距離移動などは乗車券機能がある連携端末を改札にかざすことで、リアルタイムにどこからどこまで何円区間を乗車したかがシステムに送信されます。このため社外で行動する社員にとっては、近距離切符で窓口の職員に紙の領収書を発行してもらうという面倒を省けます。経理課社員もいちいち紙のデータを入力する手間と時間を省くことができるようになります。つまりこのシステムは、現在最新のタイムレコーダーの経理管理ソフト版ともいえる存在となります。


カテゴリー