壁掛けテレビを利用する人のメリット

壁掛けテレビを利用するメリットの中で特に大きく取り上げられるのは「安全性」と「省スペース」です。薄型テレビは軽いから当たってもダメージにならない、なんてことはありません。倒れて画面が割れれば鋭いガラス片が床に広がる事になりますし、近くにいれば軽いと言っても大きな板で殴られるのと変わりない為、十分危険です。また薄型テレビに変えただけでテレビ台を変えていないのでは、結局のところ使えるスペースは大して増えていません。どころか、テレビ周りのデッドスペースはその大半がテレビ台と壁の隙間と言われています。とはいってもテレビ台まで合わせて買い換えている方は少ないのではないでしょうか。故に、壁にしっかり固定する事で壁が無事であればテレビによる二次災害が起こらないようにし、テレビ台そのものを撤去するという思い切った判断を行える壁掛けテレビは非常にメリットの大きい取りつけ方式です。

壁掛けテレビのその他のメリット

壁掛けテレビのメリットは、災害に対する安全性と省スペースだけではありません。安全性だけでも、小さい子供がいるのであればつかまり立ちからの触る対象になれば、軽い分だけ倒れる危険性は高いです。壁掛けにすればその心配が無くなります。また省スペースのメリットを説明する段でテレビ台の撤去が可能という事に触れましたが、テレビ台を撤去して得られるのはスペースだけではありません。テレビ台から壁の距離は大体の場合20㎝から30㎝、それだけの距離が新たに生まれるという事は、テレビの画面サイズを一段大きくしても快適に見ることが出来るという事でもあります。もし今家にある薄型テレビが「ちょっと大きすぎたかも」という方は、ぜひ壁掛けに変えてみて下さい。また、壁掛けに使用する金具によってはテレビの角度や位置を時に応じて変える事も可能です。

壁掛けテレビは本当にメリットの方が大きいのか

ここまで壁掛けテレビのメリットに触れてきましたが、本当に壁掛けテレビはメリットだけなのでしょうか。そしてそのメリットはデメリットを越える物なのでしょうか。まず心配されるのが賃貸物件の場合、壁に穴を開けていいのかという問題です。これは大家さんとの契約形態及び相談の結果にもよりますが、大抵の場合は補修も簡単に可能なのでその実あまり問題にはなり辛かったりします。次に問題となるのが、設置場所が限られるという事です。これは建物、部屋の構造にもよりますが、つっぱり棒式のテレビ取付金具や、天吊り型金具などがありますので、これらを使えば柱が無かったり、あっても距離が離れていたりする場所にも壁掛けテレビを設置することが出来ます。では、一度設置したら動かせない、という点は問題でしょうか。確かに、動かす事は難しいです。が、そもそもテレビは一度設置したらそこからあちこちに動かす物でもないためさほど気になりません。