経費精算ツール導入支援サイトの「サポートExpenses」

楽楽精算

楽楽精算システムで勤怠管理をしよう

企業にとって勤怠管理をスムーズにしょうとするのは大変な作業です。担当の職員を何人もつけても、清算が大変な作業でした。その煩雑さに辞めていく社員も出るほどです。その点、経費精算システムの比較サイトなどにある楽々精算をつければ作業が格段に簡単になります。タイムカードやタイムレコーダーの時代はもう終わりました。

勤怠管理システムの楽楽精算を使えば、労務管理にかかる時間や人件費を大幅に節約できます。最新の勤怠状況も即座に確認ができますので、経営者側からも便利ですし、社員側からも営業先からスマホやタブレットで交通費の申請などが簡単にできるようになる利点があります。

楽楽精算は、経営者にとっては経費のデータを正確に把握でき迅速に応用することができます。事務員にとっても業務の効率化が図れるために、仕事が楽になります。出張費用などにも対応していますので、出張後の生産作業が大幅に省力化することができます。

口コミ情報

女性 ⁄ 29歳

交通費などの経費、きちんと把握していないと結果的に利益に影響が出てきます。目先の利益を求める余り、足元をおろそかにしてはいけません。その為に地道にこつこつと、経費計算するしかないんでしょう。しかし、それでは他社との競争に勝てないかもしれません。結局、営業などに負担がかかってしまいます。楽楽精算は交通費やその他の経費が明確になります。つまり、交通費などの経費清算が楽だから、他の業務に支障が出ません。

特徴は交通費などの経費清算をスムーズにできる六つの機能の存在です。これら、機能のお陰で業務効率が上がってくるかもしれません。会社は利益を上げなくては存続できません。交通系ICカードのデータを取り込むことで交通費精算に利用できます。さらに経費精算での申請の簡略化です。

部署単位、個人単位で申請できるのでその分、労力と時間が省けます。そして、営業で必要になった旅費や出張精算も効率化、交際費や会議費などの仕分けの確認作業も軽減できます。その結果、会計ソフトとの連携も可能になるわけです。最後に支払いです。最近ではクレジット清算も増えています。だから、クレジットの利用明細を取り込むことで経費精算業務で作業時間を削減することができるというわけです。


男性 ⁄ 37歳

最近楽楽精算というシステムを導入しました。営業にとってこのシステムは大変助かります。清算作業は結構細かな作業になるので、時間をとって入力しなくてはいけないのですごく大変です。また、清算するのが遅くなってしまうと、その分お金が戻ってくるのも遅くなってしまうので不便でした。

しかし、楽楽清算システムを導入する事で、確実に作業にかける時間を短縮することが出来るようになりました。また、出張した時の旅費の精算も簡単なので便利です。出張手当の管理や、交通費の清算も手軽に出来るので、出張から帰って来た後にばたばた作業をしなくても良くなりました。また、クレジットカードと連携させれば、簡単に申請出来、入力ミスなども防ぐ事が出来るのですごく便利です。

また、今まで面倒だった交際費の申請も簡単に出来るようになりました。食事をした人数や料金を入力するだけでしっかり管理出来るので、申請も素早く申請することが可能です。また、これまで人による作業が多かったものも、このシステムで一括管理をする事で、入力ミスも減らす事が出来るようになり、助かっています。承認までの作業を全て電子化する事で、作業を素早く行い、効率化出来るので導入して良かったです。


カテゴリー